信頼できるプロに解体工事を依頼~希望を叶える匠のワザ~

業者の信頼性

家

まずは工事写真をきちんと手配してくれるところを見つけるべきですが、それではそれ以外にどんな部分に着眼して解体工事業者を選んで行けば良いのかを説明します。
最近ではインターネットで探すのは最早定番で、それで出てきた業者の口コミや評判についてチェックするのは当たり前だと思います。そして、良いところであれば評価が高く、悪いところではもちろん低くなりますから、口コミなどについては今更いうほどのことではありませんよね。
何をチェックすれば良いのかというと、是非見てほしいのが、許可証があるかどうか、という部分です。というのも、建設リサイクル法によって床面積が80㎡を超えてしまう場合は、建設業であっても、とび・土木業であっても、専門の解体業であっても工事をすることが出来ないのです。
床面積がそれ以下であれば問題はないのですが、一軒家や、店舗などになると超える場合があると思うので、まずはこの許可証の有無に着眼してほしいと思います。
きちんとホームページなどで記載していたり、尋ねれば許可証のコピーなどを見せてくれるので、見積もりなどを頼んだ際には一緒に確認させてもらっておくと良いでしょう。ちなみに原本は事務所になるので、見せてもらえるのはコピーになります。
事前にこのようなことを確認しておくと、後々トラブルにならないので安心です。丁寧な説明を行なってくれるような業者なら対応面積の説明などもしてくれます。
ただ工事を任せるのではなく、自分で安全性を確認することはとても重要なのです。